« 5月29日のメニュー | トップページ | 5月31日のメニュー »

2009年5月30日 (土)

5月30日のメニュー

good栄養の基礎知識
~体をつくり、動かすエネルギーになる~

・たんぱく質
たんぱく質には、筋肉や血液など体の材料になるものと、酵素やホルモン、あるいは免疫抗体、神経伝達物になるものの2種類があります。たんぱく質はアミノ酸に分解されて吸収され、再合成されます。しかし体内で合成できず、食品から摂取しなければならないものがあり、これを必須アミノ酸と言います。

☆朝→家でhouse

5301

・蒟蒻ご飯(軽く一膳)
 ご飯180 蒟蒻20

・鮭の塩焼き
 塩鮭70(1切) 大根30(おろし)
 醤油3(小1/2) レモン10(1/10枚)
 しそ1(1枚)
point:鮭は、他の魚肉より消化吸収がよく、血液をサラサラにするEPA、脳を活性化するDHA、ビタミンB群、脳神経系の働きを助け血行をよくするナイアシンなどをたっぷり含みます。レモンを絞ってクエン酸もいっしょにとることで、塩分の物足りなさを軽減できます。

・もずく酢
 もずく40  きゅうり10(1/10本)
 酢10(小2)砂糖2(小2/3)
 うすくち醤油1(1滴)

・いちご50(5粒)

・胡麻麦茶200(コップ1杯)

☆昼→家でhouse

5302

・具だくさんミートソーススパゲッティ
 スパゲッティ80(1束) バター4(小1)
 合い挽き肉40  玉葱50(1/4個)
 人参15(1/10本) ピーマン30(1個)
 トマトホール缶50(1/4缶)
 にんにく1 唐辛子0.1
 ワイン7.5(小1と1/2)
 トマトピューレ50(1/4カップ)
 小麦粉3(小1) コンソメ0.5
 塩0.6 こしょう少々  パセリ3(パラパラと)
point:休みのお昼は、めん類が多くなると思います。便利な缶詰めやレトルトのものを使う時も、玉葱や人参、ピーマンなど野菜を加えることで、ビタミンや食物繊維を多くとることができます。

・キャベツサラダ
 キャベツ40(1/2枚) 空芯菜の芽5
 トマト20(1個) フレンチドレッシング8(大1/2)
※生野菜はかさが多くなるので、満腹感を得られやすくなります。

・胡麻麦茶200(コップ1杯)

☆夜→とんかつ屋

5303

・ご飯(一膳)
 ご飯200  黒ごま2

・ひれカツ
 豚ひれ肉90 こしょう1.0 小麦粉10(大1)
 パン粉10(大3) 卵10(1/5個) ソース12(小2)
 辛子2(少々) キャベツ80(4/5枚) 人参5(少量)
 パセリ2(1ふさ) レモン10(1/10個)
point:とんかつを食べに行く時は、なるべく脂肪の少ない『ひれ』を選ぶのがメタボ回避のコツです。写真では、ソースをヒレカツの上にかけてしまっていますが、小皿にソースを出しておいて少量ずつつけて食べることで減塩できます。また添えてあるレモンを絞り、辛子をつけて、その刺激を利用することも忘れないようにして下さい。

・きゅうりと大根の浅漬け
 きゅうり浅漬け10(2切)
 大根10(2切)
point:たまに漬け物はいいですが、とりすぎには注意して下さい。

・わかめと豆腐の味噌汁
 絹ごし豆腐20 わかめ20
 葱5(パラパラと) だし汁150(3/4カップ)
 みそ12(小2)

・水200(コップ1杯)

☆1日の栄養価☆
 エネルギー1791kcal
 たんぱく質77.5g
 脂質42.7g
 糖質264.5g
 塩分7.5g

« 5月29日のメニュー | トップページ | 5月31日のメニュー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1171417/29894314

この記事へのトラックバック一覧です: 5月30日のメニュー:

« 5月29日のメニュー | トップページ | 5月31日のメニュー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ