« 7月4日のメニュー | トップページ | 7月6日のメニュー »

2009年7月 5日 (日)

7月5日のメニュー

delicious納豆の正しい混ぜ方
①50回以上、かき混ぜるのがコツで、太めの箸が混ぜやすいです。
②納豆がひとかたまりになり、箸で持ち挙げられればOK。
③添付のたれを加える。なければ醤油でも良いです。
④たれを加えた後、さらにもうひと混ぜして味をなじませて下さい。
⑤好みで辛子を加える。納豆の独特のにおいを消す作用があります。
⑥ビタミンA、Cが豊富な万能葱などを散らして完成。

ネバネバが白くなるまでかき混ぜるのが、納豆の風味とコクを引き出すポイントです。

☆朝→家でhouse

751

・ベーグル60(1個)
※ベーグルとは、歯ごたえはもっちりとしたドーナツ状の穴があいているパンです。生地を焼く前に、蒸したり茹でたりすることで独特な食感のパンになります。

・ポトフ
 キャベツ120(個) 人参30(1/7本)
 かぼちゃ15  じゃがいも50(1/3個)
 ピーマン15(1/2個) ウインナー30(2本)
 鶏ガラスープ200(1カップ)
 塩0.5 こしょう少々
point:ポトフは煮込み料理なので、前夜に作っておくと便利です。ウインナーからも塩分が出るのと、野菜からの旨みが沢山出るので薄味でもとても美味しく仕上がります。

・カットトマト
 トマト80(1個)

・びわ寒天
 寒天1.8 砂糖9(大1) びわ65(個)
point:ゼリーを作る時は、動物性のゼラチンを使うより、海藻からできている寒天を使うことで、ヘルシーに仕上がります。

・豆乳200(コップ1杯)

☆昼→家でhouse

752

・いわし丼

 ご飯180 蒟蒻20 いわし60(小2尾)
 小麦粉3(小1) 油3(小3/4) 醤油9(大1/2)
 みりん9(大1/2) しそ1(1枚)
point:いわしには、動脈硬化を予防するDHAやEPAが豊富です。

・うの花
 おから40 鶏ひき肉5 人参10(1/20本)
 しいたけ1(乾燥1枚) ちくわ5(1/4本)
 蒟蒻10 卵10(1/5個) 油2(小1/2)
 砂糖4.5(大1/2) 醤油6(小1) 豆乳15(大1)
 いんげん5(1本)
point:おからは、大豆から豆腐を作る過程に出来る豆乳の絞りかすですが、食物繊維が豊富で、便秘予防や美肌効果があります。スーパーでは1袋50円程度で、豆腐屋さんだと無料でくれるところが多いです。うの花だけでなく、ハンバーグやコロッケに入れたりすると、ヘルシーに仕上がります。今回のうの花はパサつきをなくすため、豆乳を入れたのがポイントです。

・ライチ80(5個)

・胡麻麦茶200(コップ1杯)

☆夜→家でhouse

753_3

・蒟蒻ご飯(軽く一膳)
 ご飯180  蒟蒻20

・なすと海老のバター醤油炒め
 なす100(1本) ピーマン15(1/2個)
 いかゲソ30  車えび50(2尾)
 バター4(小1) オリーブ油2(小1/2)
 醤油4(小2/3)
point:いかやえびには血圧を下げる作用があるタウリンが多く含まれています。

・肉じゃが
 豚もも肉10  じゃがいも70(1/2個)
 玉葱40(1/5個) 人参30(1/7本)
 だし汁50(1/4カップ) 砂糖4.5(大1/2)
 みりん3(小1/2) 醤油9(大1/2)

・わかめの味噌汁
 わかめ10  だし汁140(3/4カップ)
 みそ7(小1強)

・プラム60(2個)

・胡麻麦茶200(コップ1杯)

☆1日の栄養価☆

 エネルギー1854kcal
 たんぱく質73.8g
 脂質42.9g
 糖質292.6g
 塩分8.4g

« 7月4日のメニュー | トップページ | 7月6日のメニュー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1171417/30498807

この記事へのトラックバック一覧です: 7月5日のメニュー:

« 7月4日のメニュー | トップページ | 7月6日のメニュー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ