« 10月4日のメニュー | トップページ | 10月27日のメニュー »

2009年10月26日 (月)

10月26日のメニュー

good忙しい朝の朝食づくりは
 Sweet Speed Safety
 (美味しく速く安全に)
の3Sでいきましょう。
朝食が大切な理由
①体温を上昇させ、脳や体が活性化して体調がととのいます。
②脳にエネルギーが補給され、イライラや集中力の低下などを改善します。
③規則正しい食事のリズムが、正しい生活リズムをつくります。

☆朝→家でhouse

10261

・蒟蒻ご飯(軽く一膳)
 ご飯180  蒟蒻20

・さんまのみりん干し
 さんま60(1尾) みりん6(小1)
 醤油6(小1) 白ごま2(パラパラと)
point:さんまに含まれるDHA,EPAは血中コレステロールを低下させる作用があります。また血栓をできにくくし、動脈硬化や脳卒中、心臓病や高血圧を予防してくれます。さんまは、水揚げされる量が多く、安価で、秋魚の代表です。

 大根30  酢5(小1)
 砂糖3(小1) 醤油2(小1/3)
※大根を甘酢で漬けたものです。

・白菜の豆乳煮
 白菜100(1枚) むきあさり20
 しめじ20(1/5パック) 葉葱5
 酒5(小1) だし汁50(1/4カップ)
 豆乳100(1/2カップ) 塩0.3
point:豆乳に含まれるレシチンは、脳の活性化作用があり、学習能力や記憶力の向上、痴ほう症に効果的です。

・柿70(1/2個)

・胡麻麦茶200(コップ1杯)

☆昼→コンビニ24hours

10262

・麻婆豆腐丼
 ご飯200 木綿豆腐100(1/3丁)
 豚ひき肉30  葱20(1/5本)
 生姜少々  にんにく少々
 唐辛子少々  油4(小1)
 みそ2(小1/3) 醤油6(小1)
 砂糖2(小1弱) 片栗粉3(小1)

・いか焼き
 いか100  わかめ30
 小葱3(パラパラと) 生姜5(1/2かけ)
 ポン酢6(小1)
point:いかに含まれるタウリンは血圧を下げる作用があります。また肝臓の解毒能力の向上、肝臓機能の維持に効果的です。

・緑茶350(1本)

☆夜→家でhouse

10263

・蒟蒻ご飯(軽く一膳)
 ご飯180  蒟蒻20

・おでん
 大根100(1切) つみれ20(1個)
 ごぼう巻40(1本) 巾着20(1個)
 生揚げ30(1切) がんもどき30(1個)
 結び昆布5(1本) うずらの卵10(1個)
 醤油18(小1) みりん9(大1/2)
 砂糖3(小1) 辛子少々
point:寒くなってきて、おでんが食べたくなる季節になってきました。しかしおでんは、揚げ物や練り物が多いので、意外にも高カロリーになってしまいます。選ぶ時は野菜類(大根,蒟蒻、昆布など)を多めにしましょう。

・青菜のわさび和え
 小松菜60(2株) 醤油3(小1/2)
 わさび2(小1/3
point:わさびを加えることで、その刺激により減塩できます。

・梨100(1/2個)

・胡麻麦茶200(コップ1杯)

☆1日の栄養価☆
 エネルギー1979kcal
 たんぱく質87.3g
 脂質49.0g
 糖質287.9g
 塩分9.7g

« 10月4日のメニュー | トップページ | 10月27日のメニュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1171417/32158880

この記事へのトラックバック一覧です: 10月26日のメニュー:

« 10月4日のメニュー | トップページ | 10月27日のメニュー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ